ホーム > のき山学校とは

のき山学校とは

ごあいさつ

のき山学校とは、平成22年に閉校した旧東栄町立東部小学校を利活用し、地域内外住民の交流促進とともに観光の振興及び集落の活性化をはかる目的で生まれ変わった木造2階建ての山里の学校です。

正式名「東栄町体験交流館 のき山学校」といい、館内には東栄町図書室「のき山文庫」、「Caféのっきぃ」などの施設を備えています。

講堂、グランド、各教室では、常設の体験イベントをはじめ、フリースクールなどの利用も可能。主な体験イベント(要予約)は、石窯での手作りピザ体験、和太鼓体験、木工体験などがあります。

のき山学校では、魅力あふれる奥三河東栄町の自然や風景、歴史、文化、技、人に刺激を受け、ここに集う皆さんが新たなつながりを発見、創造できる「みんなの学校」を目指して様々な企画を行い運営することで、東栄町、奥三河地域の元気と笑顔を生み出していきます。

ぜひ、「のき山学校」の木造校舎で、ゆったりのんびりした時間の流れを感じにおいでください。スタッフ一同、お待ちしております。

指定管理者 特定非営利活動法人てほへ

奥三河とは?

奥三河とは、愛知県・静岡県・長野県との県境に位置し、新城市・設楽町・東栄町・豊根村の4市町村からなる、自然と伝統芸能に恵まれた地域をいいます。
また近年は、新東名高速道路、三遠南信自動車道の開通により、都心からのアクセスも良好となりました。名古屋から車で東名・新東名・三遠南信道経由で約2時間、浜松から車で約1時間。今後、三遠南信地域の交流拠点として発展することが期待されております。

アクセス

【事業拠点】東栄町体験交流館 のき山学校
愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
電話・FAX 0536-76-1722(10:00~17:00)
メールアドレス nokiyama@tehohe.com

特定非営利活動法人てほへとは

てほへロゴ

特定非営利活動法人てほへは、2010年、奥三河地域の活性化を目的とし、和太鼓集団「志多ら」と支援者が中心となり立ち上げたNPO法人です。

映像配信・ウェブサイトによる情報発信、伝統芸能の交流体験イベント、森林環境整備・古民家再生など、奥三河地域を元気にすることを目的に活動を行っています。

2013年度過疎地域自立活性化優良事例表彰で総務大臣賞、2014年度ふるさとづくり大賞団体賞(総務大臣賞)を受賞いたしました。

URL http://tehohe.com

2014年度には緊急雇用創出事業基金事業 起業支援型地域雇用創造事業「遊休建物を活用した交流モデル事業」を愛知県より受託し企画運営。2015年度は愛知県東栄町より「のき山学校」の指定管理者として企画運営を受託しています。

和太鼓集団 志多らとは

志多らロゴ

志多らは、花祭りの里、奥三河の豊かな自然に囲まれながら、和太鼓・篠笛を中心に演奏活動しているプロの和太鼓集団です。国内ツアー・国外ツアーを中心に、各種イベントでの演奏、学校の芸術鑑賞会での演奏を精力的に行っております。志多らオフィシャルファンクラブとして地域活性を目的にNPO法人てほへを設立しました。。

2014年度愛知県芸術文化選奨 文化賞を受賞いたしました。

URL http://www.shidara.co.jp

イベント・ワークショップお申込みフォームへ
私は東栄で暮らしたい。

このページの上部へ